還暦を機に始めた撮影トレッキングに行ったネパールヒマラヤ・パキスタンカラコルム・ヨーロッパアルプス・日本アルプスなどの山岳写真のほか内外の風景写真を掲載しています。


by chusan8611
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

(42)ジョムソン街道・トレッキング紀行2000

CHUSANの写真ブログ 《 感動発信! 感動共有! 》
NO42:ジョムソン街道・トレッキング紀行2000

1997年(平成9年)12月に、NHK特別番組「風になった男:河口慧海:ネパール百年の旅」が放映されました。この番組は、1900年(明治33年)に仏教の原典を求めて、単身でチベットに入った河口慧海の足跡を辿った物語です。私も偶々この番組を見ましたが、現在のように外国が身近でなかった時代、また、現在に比べ装備、食料、道路事情、気象条件など極めて劣悪な条件の下で、河口慧海は求道者の一心で単身、ヒマラヤを越え、あらゆる困難を克服して、鎖国のチベットに潜入しました。私は、この番組放映後、早速に河口慧海の「チベット旅行記」(講談社文庫本・全5巻)を読んでみて、さらに深い感銘を受けました。

そんなことから、河口慧海の辿ったジョムソン街道をトレッキングして見たいと夢見ていましたが、ヒマラヤ観光主催の「山岳写真家・川口邦雄先生同行:ジョムソン街道&ダウラギリ峰撮影ツアー」の企画を知り参加しました。

河口慧海は、インド・カルカッタを経て、ネパール・カトマンズ~ポカラ~ツクチェ~ジョムソンと入り、カリ・ガンダキ川を上流に遡ってチベットへ行きましたが、私たちは、反対にジョムソンから、カリ・ガンダキ川を下流に向けて下り、ラルジュンまでをトレックしながらダウラギリ峰東面を思う存分撮影してきました。
また、この時期(11月)は、乾季で水が少ないため、カリ・ガンダキ川の河床を歩きましたが、チベット往来のロバ隊やチベット-ネパール間の物資輸送隊など、《塩の交易路》風物などを撮影してきました。

さらに、このツアーでは、ジョムソン入りする前後2回にわたり、経由地《ポカラ》でゆっくり過ごしましたが、ペア湖に投影する朝夕のアンナプルナ山群を撮影したり、ラルジュンからポカラへ帰る途中、ヘリコプターのパイロットに頼みこみ、ダウラギリ&アンナプルナの展望台《プーンヒル》に着陸してもらい、両山群の大展望を満喫して来ました。
2008-12-15 加藤忠一記

d0091834_1139424.jpg

01*ジョムソン空港着陸:ジョムソンにて*経由地《ポカラ》からは国内線でジョムソン飛行場に入ったが、この定期便からのアンナプルナ山群やダウラギリ山群の眺望は実にすばらしい。なお、ジョムソンが近づくと緑の多いネパール的風景は一変し、黄褐色の山岳砂漠帯の風景となる。それにしても、ジョムソン飛行場着陸時のショックの大きさには驚かされた。急角度での着陸と滑走路が硬い岩盤であることが原因らしい。

d0091834_11395963.jpg

02*ジョムソン村にて*ジョムソン(Jomusom 2700m)は、ジョムソン街道の中心地で立派なロッジが建てられ、街も観光客で賑わっている。ここでシェルパやポーターと合流し、カメラポーターの割り当ても行われる。私のポーターは若くて・力持ちの「アイスマン」という。彼にはツアー中、カメラ助手までお世話になった。写真左手の建物は空港管制塔で、その上の山は名峰ニルギル北峰(Nilgiri 7061m)である。

d0091834_11401331.jpg

03*ジョムソン街道を行く:ジョムソンにて*ジョムソン街道はチベットやインドに通じる経由地で両地区に繋がる物資輸送路であり、街道両側には立派なロッジが建てられ、人の行き来も頻繁である。

d0091834_11402290.jpg

04*カリ・ガンダキ川を下る:ジョムソンにて*ジョムソンからはカリ・ガンダキ川の河床につけられた臨時道路を歩く。雨季で増水している時は川沿いに作られた道を行くが(写真中央、崖下に長く続く道が見られる)、今は乾季で河床の道の方が平坦で歩きやすく、距離も稼げるようである(写真左奥はダウラギリ峰の一部岩壁)。

d0091834_11403391.jpg

05*ロバ隊のリダー:ジョムソンにて*この街道は、チベットからの岩塩を輸送する《塩の交易路》になっており、たくさんのロバ隊が往来している。先頭はリダーのロバで装飾も立派で賢そうな面構えである。

d0091834_11404581.jpg

06*干し草輸送のロバ隊:ジョムソンにて*安価で手っとり早い輸送手段は《ロバ》ということになる。このロバ隊は干し草を運んでいた。チベットまで輸送するのであろうか。

d0091834_11405389.jpg

07*材木輸送のロバ隊:ジョムソンにて*チベット地区では材木は貴重品である。多分、ネパール側からチベット方面に運び、高値で取引するのであろう。

d0091834_114132.jpg

08*地層湾曲帯:ツクチェにて*カリ・ガンダキ川沿いを歩くと思わぬ発見が見られる。この露出した地層帯は、かつて、この付近も海底であった証左である。大規模な隆起で海底にあった岩盤が露出したのであろう。このような風景はいたる所で見られた。

d0091834_11411225.jpg

09*河口慧海の遺品:ツクチェにて*ジョムソンから半日行程でツクチェ(Tukuche 2600m)に到着。ここでテント泊となる。この地には河口慧海の逗留した宿坊があり、河口慧海の遺品が展示されていた。

d0091834_11412287.jpg

10*ツクチェ寺院にて*この地は川口慧海逗留の場所で立派な寺院も建てられている。この《ツクチェ寺院》も石造りの頑強な寺院である。ネパールでもカトマンズなどはインド文化の影響なのか、《煉瓦の文化圏》で日干し煉瓦の家が多いが、チベットに近いこの付近は《石の文化圏》のようで、石造りの家である。なお、写真右奥の山はニルギリ・7061mである。

d0091834_11413178.jpg

11*マルファ村風景1*ジョムソンから歩いて2時間ほどでマルファ村(Marpha・2700m)というチベット風の小さな村がある。この村で昼食を摂り、昼食後、村の散策に出かけた。ここでも石造りの家が立ち並び、狭い石畳道の両側には白壁の多く、独特の雰囲気を醸し出している。村中央の小高い丘の上には、チベット仏教のゴンバ(寺院)が見える(写真中央)。

d0091834_11414589.jpg

12*マルファ村風景2*カリ・ガンダキ川沿いに開かれた村では、川沿いの平坦地が開墾され農作が行われているようである。家々には五色(赤・青・黄・緑・白)のタルチョ(祈祷旗)がたなびいていた。

d0091834_11415949.jpg

13*杏子干しと薪貯蔵庫:マルファ村にて*シェルパの話によれば、この村は裕福な家が多いという。その理由を問いただすと、「家々では薪の貯蔵がなされている。木材の乏しいこの地区では、冬用の暖房や食事作りに《薪》は欠かせない。薪は高価なので、金持ちしか買えない。普通の家では、ヤクや牛の糞をかき集め、乾燥して薪代わりに使う」という。なお、写真中央の黄色い干しものは《アンズ》の干し物である。

d0091834_11421061.jpg

14*マルファ村で出会った少女*マルファ村を散策中、木片を大事そうに抱えた少女に出会った。洋服や赤ぎれた手や顔を見れば、あまり裕福な家の子ではないようである。私が飴をあげ、カメラを向けるとニコッと笑ってくれた。その笑顔のなんとすばらしいことか!。ヒマラヤでたくさんの子供たちと出会い、その素顔を撮ってきたが、この笑顔は今でも忘れられないNO1の笑顔である。

d0091834_11422098.jpg

15*マニ石とマニ車:ツクチェ村にて*この付近の住民も熱烈な《チベット仏教徒》が多いようである。村のあちこちにはマニ石(仏教の経典を彫った石)やマニ車(これを一回転させるとお経を一回読んだことになると言われている)が置かれている。

d0091834_11423079.jpg

16*大きなマニ石とダウラギリ:マルファ村入口にて*マルファ村入口には大きなチョルテン(仏塔)と大きなマニ石が積まれていた。住民たちは、ここを通る度にマニ石に手を合わせ、生活の安全や無病息災を祈って行く(写真上の雪山はダウラギリ峰東面である)。

d0091834_11424058.jpg

17*カリ・ガンダキ川を渡る馬の隊商:ラルュジュン手前にて*ジョムソンからラルジュンまで行くうちに、何度かカリ・ガンダキ川を渡って行く。ロバや馬たちは臆病な動物だから、川を渡るのが嫌いかなと思って見ていると、慣れているせいか、思ったより簡単に橋を渡って行く。

d0091834_11425050.jpg

18*カリ・ガンダキ川を行く馬の隊商:ラルュジュン手前にて*陽が傾き始めたカリ・ガンダキ川の河原を馬の隊商が帰って行く。この河原はチベットを行き来する交易路になっており、一日中、ロバや馬の隊商が往来している。

d0091834_1143283.jpg

19*ダウラギリⅠ峰の東面壁:ラルュジュン村入口にて*ジョムソン街道もこの辺りまで来ると、ダウラギリⅠの東面が真近かに見えてくる。主峰頂上付近では盛んに雪煙が上がっていた。

d0091834_11431459.jpg

20*雪煙上げるダウラギリⅠ峰:ツクチェにて*ツクチェからラルジュンに向かうカリ・ガンダキ川の河原でダウラギリⅠ峰(Dhaulagiri Ⅰ 8167m 標高世界第7位)の東面壁が見事に見えてきた。氷河と氷壁をもった山容は雄大で、紺碧の空はどこまでも青く、頂上付近からは一筋の雪煙が上がっていた。

d0091834_11432510.jpg

21*カリ・ガンダキ川での昼食会:ラルュジュンにて*本格的な撮影は朝夕が中心で、昼間は、カリ・ガンダキ川付近の風物を撮ったり、のんびりと過ごすことが多い。昼食時になるとポーターが呼びに来てくれて、河原での昼食となる。

d0091834_11433528.jpg

22*カリ・ガンダキ川を行くポーターたち:ラルュジュンにて*この河原は地元民の生活道路でもあり、大きな籠を背負ったポーターも盛んに行き来していた。籠の中には野菜や生活物資が積み込まれているのであろうか。

d0091834_11434691.jpg

23*カリ・ガンダキ川を行くロバ隊:ラルュジュンにて*ガンダキ川の上流に向かって荷物を背負った十数頭のロバ隊が進んで行く。河原で横になりながら、これらの風景をのんびりと見ているのも楽しいものである。

d0091834_11435735.jpg

24*カリ・ガンダキ川で出会った修験僧:ラリュジュンにて*河原を行き来する人の中には僧侶の姿も見える。この修験僧はカメラを向けると近寄って来た。シャッターを押すと手を出してくる。モデル代を要求してきた。あまり愛嬌のない顔立ちなので、黙っていると立ち去って行った。チベットにでも修行に行くのであろうか。

d0091834_1144828.jpg

25*雲乱舞のニルギリ峰:ラルュジュンにて*この地からのダウラギリ峰の撮影は撮影方向が東面のため、朝の撮影には適しているが、夕方は陰ってしまい写真にならない。ところが、このニルギリ(Nilgiri 7061m)は、アンナプルナ山群の最西端に位置しているので、夕照が撮影どきである。この日は夕方近くに上空に雲が乱舞し始め、何枚かのシャッターを切ってみた。なお、「ニルギリ」とは《青い山》を意味するそうであり、月光に照らされたニルギリを撮影しようとしたが、夜になると曇ってしまった。

d0091834_11442036.jpg

26*黎明のツクチェ・ピーク:ラルュジュンにて*ここでの撮影は早朝から忙しい。早朝4時に起床し、ポーターの入れてくれたミルクティーを一杯飲んでから、撮影ポイントに向かう。撮影ポイントは、カリ・ガンダキ川を渡った向こう岸でダウラギリ連峰に対峙した場所である。明け方の光線が射し込み始めると、ダウラギリ山群の東端に位置するツクチェ・ピーク(Tukuche Peak 6920m)の頂上上空付近の雲が染まり始めた。

d0091834_11443041.jpg

27*曙光のダウラギリⅠ峰:ラルュジュンにて*ダウラギリ山群の上空に射し込んできた第一光は次第にダウラギリⅠ峰(Dhaulagiri Ⅰ 8167m)に射し込み、頂上がパッと照らされる。この一瞬に集中しシャターを切った。

d0091834_11444015.jpg

28*怪雲上がるダウラギリ峰:ラルュジュンにて*カリ・ガンダキ川でポカラに帰るヘリコプターを待っていた時、ポーターたちが騒ぎ始め、ダウラギリ峰の上空を指さしていた。すると、ダウラギリ峰の上空に様々な形の雲が乱舞していた。急いでカメラをセットして何枚もシャッターを切ってみた。

d0091834_11445178.jpg

29*鶏をさばくコックたち:ラルュジュンにて*シェルパやポーターたちとのお別れ会では、特別料理が作られる。この夜は、鶏をさばいて、スペシャル《鳥料理》を用意してくれた。生きた鶏は付近の村から調達してくることもあるが、ポーターたちが特製の籠にいれて持って来ることもある。

d0091834_1145152.jpg

30*お別れパーティー:ラルュジュンにて*お別れパーティーはシェルパ・ポーターたちとの合同パーティーになる。お別れ会には付近の住民も参加することもあり、この夜も、ラルジュン村の若い娘たちが参加してくれた。お別れパーティーも酒が入るとネパールや日本の歌声が響き渡る頃には最高潮となる。(写真中央、若い娘さんとダンスに興じているのが私である。)

d0091834_11451398.jpg

31*ラルジュン村の長老たち:ラルュジュンにて*宿泊地には地元の住民たちが訪れてくれる。子供たちが多いが、この日は長老がお出ましになった。スナップを頼むと機嫌良くポーズをとってくれた。
d0091834_11452316.jpg

32*迎えのヘリコプター到着:ラルュジュンにて*ポカラへの帰り便はヘリコプターをチャターした。帰り支度をしてカリ・ガンダキ川で待っていると定刻通りに迎えに来てくれた。ラルジュン村の人たちが村総出でヘリ見物に押し掛けてきた。

d0091834_11453478.jpg

33*朝焼けに染まるマチャプチャレ峰(Machhapuchhare 6998m):ポカラ・ペア湖にて*ポカラ到着後、ペア湖畔のホテルで休養したが、この湖畔からは、アンナプルナ山群が朝日に何回も染まってくれた。

d0091834_11454522.jpg

34*ペア湖の湖面に倒影するアンナプルナ南峰(Annapurna South 7219m):ポカラ・ペア湖にて*ここの湖面に倒影するアンナプルナ山群の写真は有名で、とくに、無風の湖面に赤く染まったアンナプルナ南峰は素晴らしいの一言に尽きる。

d0091834_11455611.jpg

35*ヒマラヤ桜満開:ポカラ・フィッシュテール・ホテルにて*このホテルは庭園がすばらしく、南国調の花々が咲き誇り、庭園の一角では《ヒマラヤザクラ》が満開であった。ヒマラヤザクラは、ヒマラヤ地方に分布し、11月から12月頃にかけてソメイヨシノに似た花が咲く。日本でもヒマラヤザクラは横浜青葉区藤が丘地区センターに植えられており、毎年、12月中旬ごろ「花見」を楽しむことができる。このヒマラヤザクラは高橋佳晴氏(ヒマラヤの高山植物の研究家・写真家)が植えたもので12月中旬から1月初旬まで咲いている。この年も日本で4月に花見をしているので二回目の花見を楽しむことが出来た。(ポカラで咲いていたヒマラヤザクラはNO39《マナスル三山紀行1998》を見てください)。

d0091834_143081.jpg

36*撮影スナップ:ダウラギリ連峰をバックに:2000/10:ネパール・プーンヒル3900m*   《完》
[PR]
by chusan8611 | 2008-12-16 12:25 | ヒマラヤ・トレッキング