還暦を機に始めた撮影トレッキングに行ったネパールヒマラヤ・パキスタンカラコルム・ヨーロッパアルプス・日本アルプスなどの山岳写真のほか内外の風景写真を掲載しています。


by chusan8611
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:高山植物( 4 )


Published by デジブック
[PR]
by chusan8611 | 2010-03-21 13:53 | 高山植物

Published by デジブック
[PR]
by chusan8611 | 2010-03-20 19:40 | 高山植物
Chusanの写真ブロブ《感動発信!感動共有!》
NO4:ヒマラヤの青いケシ

ヒマラヤの青いケシは、エヴェレスト8848mを間近に望むゴーキョ・ゴジュンバ氷河のガレ場(5000m)にひっそりとただ一輪咲いていました。

透き通るようなヒマラヤン・ブルーの花が、地上にこぼれた巨大な宝石のように輝き、氷河と氷河湖の間の岩場に咲いています。

青いケシの仲間(Meconopsis Horridula )では、最も標高の高い(4500m~5000m)の岩場(ガレ場)に生え、全身を強力なトゲで武装し咲いています。

この花はモンスーン(夏の雨季)の7月一ヶ月だけ、しかも、酸素の薄い(平地の半分)のガレ場に、風雪をさけるために身の丈を極端に低く(約10cm~15cm)しながら咲いているのです。極寒の地で見事な花を咲かせていました。「よく頑張って咲いたネ!」と思わず語り掛けました。まさに、ヒマラヤの高地だけにしか見ることの出来ない《幻の花》であり、《憧れの花》でもあります。(私のお気に入りの作品を何枚か投稿します。前回《四姑娘山の青いケシ》を投稿しましたがそちらと見比べて下さい。)

     2006-9-10     加藤忠一記

d0091834_1436838.jpg

01*逆行線に浮かび上がる青いケシ・撮影地・ネパール・ゴーキョ*この青いケシはシェルパ族のガイドがやっと見つけてくれた花で大輪の見事な花をつけていた。花びらが半逆行の光線に輝くように位置決めして撮った一枚である。かがみ込んで何枚もシャッターを押しているうちに酸欠で倒れ込んでしまった「苦心作」である。

d0091834_14463027.jpg

02*黄色い花を従えて咲いていた青いケシ・撮影地・ネパール・ゴーキョ*左側に小さな黄色い花を従え、見事なヒマラヤン・ブルーの花びらを上向きに咲かせていた。

d0091834_15244421.jpg

03*身丈に似合わない大きな花をつけた青いケシ・撮影地・ネパール・ゴーキョ*背丈が7~8cmなのに大きな花を咲かせ私に「どうだ!見事な花だろう」と語りかけてきた。  《完》
[PR]
by chusan8611 | 2006-09-10 15:32 | 高山植物
Chusanの写真ブロブ《感動発信!感動共有!》
NO3:四姑娘山の青いケシ

私がはじめて《ヒマラヤの青いケシ》に出会ったのは、2002年7月中旬、ネパール・ゴーキョのゴジュンバ氷河のガレキ地帯4900mでした。

青いケシ(ブルーポピー)の花は、背丈(15cmほど)に似つかない大きな花(直径5~6cm)をつけ、ただ一輪咲き誇っていました。いまでも、ヒマラヤン・ブルーの色合いは、脳裏に焼き付いています。

2006年7月中旬に、この花にふたたび、中国・四姑娘山・巴郎山峠4300mで出会うことが出来た。ヒマラヤで見た青いケシと同じ仲間の《メコノプシス・ホリドュラ・Meconopsis horridula)です。花も大きく、あの色合い《ブルー》はゴーキョの《青いケシ》とそれほど変わりませんが、残念ながら、花期が遅く花びらが散りかけていました。

なお、私のホームページ「加藤忠一ヒマラヤ巡礼写真館:http://www.h4.dion.ne.jp/~kato-chu/index.htm」の第六章《ヒマラヤのお花たち》に、たくさんの高山植物を掲載してますので是非ご覧下さい。

    2006-9-9    加藤忠一記

d0091834_21423526.jpg

01*残月と青いケシの咲くお花畑*巴朗山峠4300mの岩山に残月がかかりその斜面には色とりどりの《ケシ》が咲いていた

d0091834_21435126.jpg

02*青いケシ咲く巴朗山峠4300mの斜面*晴れわたった斜面には青いケシをはじめ黄色、赤、紫と色とりどりのケシが咲き誇っていた。

d0091834_21493126.jpg

03*群生する青いケシ*ヒマラヤ・ゴーキョの青いケシは付近に同じ仲間が咲いているとその周囲では発芽しないと聞くが、ここ巴郎山峠では4~5輪も群生しているものもあった。

d0091834_21522823.jpg

04*逆光線に輝く青いケシ*岩場に一輪だけ咲いていた。カメラを下からあおりながら撮ってみた。

d0091834_21531293.jpg

05*一輪の青いケシ*ケシの花を探し求めて巴郎山峠(標高4300m)を上り下りするのは息切れして大変に辛い。上方に見事な花を見つけてもそこまで行くのが大変である。苦労しながら駆け上がってみると、身丈に似合わないほどの大きな花を一輪咲かせていた。

d0091834_21541861.jpg

06*水滴を着けた青いケシ*この日の巴郎山峠は深いガスに包まれ、どの花もいっぱい水滴をつけ咲いていた。

d0091834_21545338.jpg

07*チベッタン・ブルーの青いケシ*いまを盛りと咲き誇っていた青いケシ。その色合いは実に見事であった。

d0091834_21552331.jpg

08*青いケシの大集合*5ケもの花をつけて咲くケシは珍しい。通常は1~2輪の花を咲かせているのが多くみられる。この花たちは淡いブルーの花びらにたくさんの水滴を重そうにつけ咲いていた。

d0091834_21554870.jpg

09*逆光の青いケシ*花びらに光りがあたりそのうしろに紫のケシが咲いていた。それをアウトフォーカスして撮ってみた。

d0091834_21565424.jpg

10*大輪の青いケシ*数多く咲いている青いケシも色合いと形の整った花を見つけるのは難しい。その中でもこの花は実に見事な花を咲かせていた。  《完》
[PR]
by chusan8611 | 2006-09-09 21:58 | 高山植物