還暦を機に始めた撮影トレッキングに行ったネパールヒマラヤ・パキスタンカラコルム・ヨーロッパアルプス・日本アルプスなどの山岳写真のほか内外の風景写真を掲載しています。


by chusan8611
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Chusanの写真ブロブ《感動発信!感動共有!》
NO19:北海道流氷紀行2005

(今年も北海道オホーツク沿岸に流氷が接岸する時期となりました。今年は暖冬とのことで各スキー場では雪不足に悩まされているようですが、寒気団が南下して来ないと流氷の接岸時期も遅れそうです。)

さて、現役の札幌時代に流氷は何回か網走&北見紋別で見たことがありますが、最近では2005年2月上旬に一般の観光ツアーに参加し、網走港の《流氷砕氷船・おーろら号》で遊覧してきました。しかし、この時は時期が一週間ほど早く、網走港周辺は「蓮の葉氷」が押し寄せている程度で流氷は漂着していませんでした。《青白く輝く流氷群にオジロワシやオオワシが群れ飛び、流氷の上でホッケやタラを口に銜えてこちらを睨み返している大鳥の姿》などイメージしていたのですが・・・・。

シベリア・アムール川の真水がオホーツク海に流れ込み、寒気団によって凍結し流れ漂うのが流氷ですから、寒気団の張り出し方で流氷着岸が左右されるのは仕方ありません。それにしても、あらかじめ行程が決まっている一般ツアーでは、この種の写真(それも傑作写真)は撮れませんね。折角出掛けるのであれば《流氷情報》を確認して行かないと傑作写真は撮れません。

ところで、流氷撮影は網走港の《おーろら号》より北見紋別の《ガリンコ号》乗船の方が沖合いの大きな流氷の傑作写真が撮れそうです。

2007-1-29 加藤忠一記

d0091834_195348.jpg

01*流氷帯を行くおーろら号*網走港の流氷見学は《流氷砕氷船・おーろら号》に乗船して約2時間程度の遊覧になる。この日はかなり沖合いまで出てくれたが、シャーベット状の蓮の葉氷の流氷しか見られなかった。午後3時の出航で夕照のおーろら号にカモメが群がって飛んでいた。

d0091834_1955118.jpg

02*流氷帯を行くカモメ*遊覧船では観光客がカモメにエサを投げるので、カモメたちが遊覧船の後を追いかけてくる。折からの夕日を浴びて蓮の葉氷の流氷帯が赤く染め上がっていった。

d0091834_19685.jpg

03*カモメ隊が行く*おーろら号の前後左右は群れ飛ぶカモメで騒々しい。望遠や広角で面白そうなショットをいくつか切り取ってみる。

d0091834_1962449.jpg

04*カモメの単独飛行*流氷砕氷船の観光客が投げ与えるエサが終わるとカモメたちも現金なもので三々五々帰って行く。形の良さそうなカモメを追いかけて撮ってみた。

d0091834_196402.jpg

05*落日の流氷帯*夕方近い帰港のため網走市街の丘に夕日が沈みかけ、夕陽が流氷帯を赤く染め上げていた。

d0091834_1965460.jpg

06*落日の流氷帯2*丘の向うに夕日が沈むと蓮の葉氷の渕が白く浮かび上がって幻想的になった。

d0091834_1971271.jpg

07*冬の摩周湖*冬の観光ツアーですから流氷観光の翌日は道東観光になる。まず網走市内見物から摩周湖展望台へ。摩周湖は風が強く地吹雪であったが、強風のため中島をはじめ周囲の山々はくっきりと見渡すことができた。

d0091834_1973038.jpg

08*冬の摩周湖・浮かび上がる中の島*《霧の摩周湖》に代表されるように、摩周湖はなかなか晴れてくれないようであるが、この日の摩周湖は遠くまで見渡せることが出来た。湖面の藍色と中ノ島の白い雪が対照的であった。

d0091834_1974798.jpg

09*冬の摩周岳*着雪のない摩周岳は山容も平凡であるが、雪のある摩周岳はそれなりに立派な山に変身している。

d0091834_198515.jpg

10*オオハクチョウの夫婦飛行*摩周湖遊覧のあと屈斜路湖に向かう。この時期の屈斜路湖はオオハクチョウの飛来が盛んで湖面はたくさんのオオハクチョウたちの「コウコウ」という鳴き声が響き渡る。ハクチョウたちの飛来を何回か撮っていると夫婦者だろうか二羽が飛来してきた。

d0091834_1982561.jpg

11*オオハクチョウの夫婦飛行*オオハクチョウたちは氷に閉ざされる極寒のシベリアから冬を越すため日本に渡ってくる。この二羽もシベリアから越冬のため飛来したのであろうか。

d0091834_1991152.jpg

12*オオハクチョウの愛の讃歌*湖面の辺り一帯には飛来したオオハクチョウの泣き声が響き渡る。つがいの鳥たちは盛んに鳴き合っている。形の良さそうなペアを探して切り撮ってみた。  《完》
[PR]
by chusan8611 | 2007-01-29 19:14 | 日本の風景
Chusanの写真ブロブ《感動発信!感動共有!》
NO18:チベットの小動物たち2006

ヒマラヤやチベットのフォト・トレッキングをしている時、いろんな小動物たちに出会うことがあります。そんな時は興奮もしますし、大きなな喜びを感じます。

小動物たちとは《ランドクルーザー》での移動中に度々出合いがありますが、彼らは大変に臆病で、ドアーを開けるとすぐに気づいて逃げ去ってしまいます。そこで、窓を開けたままの望遠レンズ撮影になります。時には、車から出ての追跡撮影も試みますが、なにしろ標高が4000m~5000mと高いので酸素不足になり、こちらがダウンしてしまいます。

例えば、チョモランマ(エヴェレスト)ベースキャンプ(5200m)からの帰りに、《ブルーシープ》(中国名・岩羊)を発見、車から降りて追跡撮影をしましたが、5分もすると息が上ってしまい、追跡不可能になります。それでも千載一遇のチャンスですから、チョモランマを背景に入れてみたりして何枚かシャッターを切りましたが、終わってみたら見事にダウンでした(写真01&02参照)。

また、カイラス撮影に行く途中《オグロズル》を発見し追跡撮影しましたが、こちらが5m進むと彼らは5m先に移動してしまいます。この競争には勝てません。途中で諦め適当な距離での撮影で終了になります。この時も見事にダウンでした(写真08&09参照)。相手が野生動物ですから仕方ありません。めずらしい動物たちとの出合いをお届けします。 
 
  2007-01-15  加藤忠一記

d0091834_16104873.jpg

01*突然現れたブルーシープ*チョモランマ(エヴェレスト)のベースキャンプ撮影を終りロンブクに帰る途中、ガイドの廖さんが「野生の岩羊だ」と大きな声で叫んだ方角を見ると5~6頭のブルーシープがのんびりと歩いていた。とりあえず窓を開け何枚かシャッターを切った。

d0091834_1611384.jpg

02*チョモランマとブルーシープ*折角のチャンスですからチョモランマを背景に入れて撮ろうと思い追跡してみたが、彼らは注文通りに動いてくれない。仕方なくこちらが移動してみたが、2~3分も動くと息が上ってしまう。手持ち撮影ですからカメラぶれをしないように注意して動き回ってみる。何枚かシャーターを切ってみたらこちらがダウンしていた。

d0091834_16111751.jpg

03*草原のチベットガゼル*チョモランマBCからカイラスへは砂漠の大移動になる。途中に何箇所か草原も見られるが、そこには、羊やヤクが放牧されており、野生動物も出没することもあるという。出来るだけ野生動物を発見したいと遠くまで見てみるが、私の視力では発見が難しい。その点、チベット人の視力は驚異的で遠くのものまで捉えることが出来るようである。こちらは声がかかるのを待ちカメラを構える。ガゼル発見の声でガイドの指差す方角を見ると草原の彼方に数頭のチベットガゼルを捉えることができた。

d0091834_16113072.jpg

04*砂漠のチベットガゼル*砂漠のガゼルは同系色のため発見が難しい。この時は草原と砂漠の切れ目に光線が差し込み発見が容易であった。

d0091834_1611447.jpg

05*逃げるチベットガゼル*出来るだけ近づいて撮影しようとしてドアーを開けると、その瞬間、一斉に逃げ去ってしまう。彼らの聴力&視力には脱帽である。

d0091834_16115824.jpg

06*チベットノロバの軍団発見*この野生のロバに会えるのを楽しみにしていたがその時は比較的早く訪れた。10頭ばかりの《チベットノロバ》が遙か彼方を横一列に横断していたが300mm望遠では捉えきれない。

d0091834_16121114.jpg

07*チベットノロバ逃げ去る*この野生ロバも神経質で小さな気配でたちまち逃げ去ってしまう。ガイドの話では、この野生ロバは常に集団で行動し、群れを作って生活しているとのことである。

d0091834_16122613.jpg

08*オグロズル発見*ヒマラヤ越えの《アゲハズル》は有名であるが、この《オグロズル》も貴重な野生動物とのこと。雪の草原で二羽を発見したが、遠くでしか撮影が出来なかった。

d0091834_16123827.jpg

09*立ち去るオグロズル*このツルも大変に臆病で近くに行こうとすると足早に去ってしまう。この距離が限界であった。ツルの向うには何頭かの《ヤク》が草を食んでいた。

d0091834_16124960.jpg

10*チャガシラカモメ*マナサロワール湖でカイラスの撮影中、キャンプ地の周辺にカモメが飛来していた。首周りが茶色のカモメで、ガイドが《チャガシラカモメ》だと教えてくれた。キャンプ地周辺から出る生ゴミを狙っているようであった。

d0091834_1613415.jpg

11*ヤクの居留地*チベット高原はいたるところにヤクの放牧地が点在している。チベット人にとってヤクは貴重な家畜であり、ヤクなしの生活はありえないと聞く。ヤクの乳はチーズやバターになり、その肉は貴重な現金収入であり、毛皮は防寒具となる。しかも、糞まで薪代わに使われる。

d0091834_16131648.jpg

12*ヤクのボス見参*ヤクをよく見ると形・色合いは様々である。大型のヤクを何頭か撮影していたらボスにじっと睨まれた。慌てて逃げる。赤いヤッケを着ていたがガイドの話では「赤色」に興奮するとのこと。スペインの闘牛を思い出し、早々に立ち去ってみた。

d0091834_1613279.jpg

13*ヤクの渡河*向こう岸の放牧地に渡るためか、5~6頭のヤクが河を渡ろうとしていた。折からの逆光に黒々としたヤクの姿が印象的であった。

d0091834_16134070.jpg

14*羊の親子*チベット遊牧民にとってヤクと共に羊も貴重な財産である。とくに雌の羊は大切にされている。生まれたばかりの赤チャン羊が母親にぴったりと寄り添っていた。

d0091834_16135498.jpg

15*暖かそうな赤ちゃん羊*ぬいぐるみのような赤ちゃん羊である。生後間もない赤ちゃんに思わずシャッターを切る。

d0091834_1614793.jpg

16*気取った赤ちゃん羊*羊も色合い・形が様々である。めずらしい羊を探して撮影中、なんと気取った赤ちゃん羊を発見した。フアッションショーにでも出ている積りなのか、その歩き方の面白さにシャッターを切る。

d0091834_16142147.jpg

17*羊の乳搾り風景*一列に並ばされて乳搾りの真っ最中である。母親は乳絞りがお気に入りか、大変おとなしく一列に並ばされていた。

d0091834_16143217.jpg

18*繋がれた羊たち*首を交互にロープで繋がれた羊たち。縦に切り取ってみたら面白い写真になった。

d0091834_16144291.jpg

19*繋がれた羊たち2*ロープで首を繋がれた顔をアップで撮ってみた。実に様々な表情である。気に食わなそうな顔、諦めた顔、苦しそうな顔、怒っているようなか顔、中には恍惚とした顔?もみられる。

d0091834_16145538.jpg

20*羊の親分*ボス羊を探して何頭かのボスを撮ってみた。NO1はこのボスであった。毛並みの見事さ、眼光の鋭さ、角の大きさ、ボディーの見事さなど他を圧倒していた観があった。 《完》
[PR]
by chusan8611 | 2007-01-15 18:34 | 世界の山岳風景
Chusanの写真ブロブ《感動発信!感動共有!》
NO17:オーロラ in トロムソ2001

(2007年新春ブログは《オーロラ・AURORA》にしました。)
極地の天空に虹のように輝くオーロラ、この壮大な光のショーを見に行ったのは2001年3月でした。2001年は太陽の黒点活動が活発になり、見事なオーロラ(赤いオーロラ)が出現するとの新聞報道に乗せられて行ったのですが、期待に反し《ごく平凡なカーテンオーロラ》だけしか見られませんでした。しかも、観光ツアーで行ったものですから、撮影地がホテルの前庭になっていて、おまけにオーロラが出現した方角にスーパーの屋根がかかり、その光りでオーロラの撮影に困り果てました。

極北オーロラ帯にある絶好の撮影場所は(1)ノルウェー・トロムソ、(2)カナダ・イエローナイフ、(3)アラスカ・フェアバンクスの三箇所と言われています。今回はオーロラ撮影の初回であり、次回は今回の経験を生かし、アラスカ&カナダへの撮影行をと思っています。

なお、記事&写真は新投稿日順に直近No5まで掲載されます。それ以上古い記事&写真はトップページ左欄にある《カテゴリー》に収容されています。《カテゴリー》はジャンル毎に整理されたもので、例えばヒマラヤ関係の写真を見たい場合は「世界の山岳風景」をクリックすれば既投稿のヒマラヤ記事&写真が出ています。また、写真ブログのため開くまで多少時間がかかります。ご了承ください。

   2007-1-5 加藤忠一記

d0091834_1055141.jpg

明けましておめでとうございます。2007年が皆様にとって《すばらしい年》でありますように祈念いたします。(写真は2007年・鎌倉八幡宮本殿)

d0091834_12363387.jpg

01*霧の町・コペンハーゲンの街角にて*オーロラ撮影地ノルウェー・トロムソに行く途中、デンマーク・コペンハーゲンに一泊した。海に面した商都だけに一日中濃い霧に覆われていた。

d0091834_12364575.jpg

02*アンデルセンの人魚姫像*ハンス・クリスチャン・アンデルセンを記念した「人魚姫」の像がコペンハーゲン湾に建立され、たくさんの観光客が訪れていた。

d0091834_1237055.jpg

03*人魚の像*大変有名な人魚の像である。下半身は魚であるはずの人魚であるが、この像は足首近くまでが人間のままである。モデルの足があまりにも美しく、「ウロコ」で覆うのがしのびなかったためと言われている。

d0091834_12371320.jpg

04*衛兵交代*アメリエンボー宮殿では毎日正午に伝統的な衛兵の交代式が行われている。デンマークは世界で一番古い王国とのことであり、ロンドンのバッキンガム宮殿の衛兵交代式同様、歴史を感じさせるセレモニーである。

d0091834_12372915.jpg

05*衛兵の交代式2*交代式を終えた衛兵たちが去ってゆく後姿が印象的であった。

d0091834_12374191.jpg

06*衛兵の交代式3*宮殿入り口のボックスに立つ門番衛兵が新旧交代の引継ぎを行う。二人の衛兵の表情が実に面白く思わずシャッターを切る。

d0091834_12375589.jpg

07*トロムソの町・空撮*トロムソ空港を飛び立ったときの空撮である。写真中央の湾がトロムソ湾で、右手前の丘にあるスカンディック・ホテルに宿泊し、そこからオーロラ撮影を行った。

d0091834_12381044.jpg

08*トロムソ市内1*トロムソ湾を挟んで向こう側がトロムソ市街地でトロムソ大学をはじめ主だった市内の建物が立っている。

d0091834_1238211.jpg

09*トロムソ市内2*極北の町トロムソを訪れたのは3月初旬であったが、丁度この頃は《黒夜》にあたり、太陽が低い位置のまま午後二時ごろには沈んでしまう。

d0091834_12383263.jpg

10*トロムソ市内3*極北の地に生きる子供たちは衣装もカラフルだが表情も極めて明るい。小さい頃から雪遊びをして雪を友達にしてしまっている。

d0091834_12384422.jpg

11*トロムソ湾の夜明け*朝早く起きてみると丁度トロムソ湾に満月が落ちようとしていた。

d0091834_12385566.jpg

12*トロムソ湾の夜明け2*トロムソ湾の向こう側の山に朝陽が当たり始めたとき満月が落ちようとしていた

d0091834_123941.jpg

13*オーロラ1*トロムソは極北オーロラ帯にありオーロラ観賞の地であるが、町全体が明るく郊外の暗いロケ地まで行かないと作品にはなりづらい。今回はホテル前の広場が観賞地になっていた。オーロラが現れるまでロビーでコーヒーなど飲みながら待機する。三脚は外に置いたままでオーロラ出現に慌てて飛び出していた。

d0091834_1239135.jpg

14*オーロラ2*オーロラは、最初は薄い一条の細い筋雲の形をしており、それがオーロラだと気づくのには時間がかかるようである。このオーロラは緑色のカーテン・オーロラでごく一般的に見られるオーロラである。

d0091834_12392127.jpg

15*オーロラ3*オーロラは天を駆ける龍のように激しく動き回る。あるときは形を変え、真上かと思えば東側に移り、東と思えば北に飛んで行ってしまう。

d0091834_1239297.jpg

16*オーロラ4*このオーロラは左側の天空の一点から爆発したように現れ、次第に右側の空に消え去って行った。

d0091834_12393717.jpg

17*オーロラ5*オーロラは極北の空が暗くなった午後9時ごろから見え始め、翌朝の3時ごろまで見ることが出来た。ただし、気まぐれで続けて現れることは滅多になく、また、いつ現れるか分からないし、待てども現れてはくれない日もある。撮影地に三泊したが二勝一敗であった。

d0091834_12394538.jpg

18*オーロラ6*撮影地は一般的な観光ツアーのため宿泊ホテル前の空き地であった。いつ現れるとも知れないオーロラを寒い夜空の下で待ち続けるのは大変きつい。しかし、ホテル前のためオーロラが現れるまでロビーで暖かい飲み物を飲みながらオーロラが現れるのを待ち続けた。

d0091834_12395486.jpg

19*多島海空撮1*帰路、トロムソ空港を離陸してから間もなく海岸線沿いに浮かぶ多島海を空撮できた。

d0091834_1240340.jpg

20*多島海空撮2*午前中の離陸であったため山稜に斜光線が走り山々を立体的に撮らせてくれた。

d0091834_12401560.jpg

21*多島海空撮3*多島海の山は形がまちまちでいつまでも見飽きることはなかった。

d0091834_12402434.jpg

22*多島海空撮4*トロムソ空港を飛び立ってから約一時間ほど空撮を楽しむことが出来た。ただし、オスロ空港経由の長くて辛い空の旅が続いた。  《完》
[PR]
by chusan8611 | 2007-01-03 13:28 | 世界の風景