還暦を機に始めた撮影トレッキングに行ったネパールヒマラヤ・パキスタンカラコルム・ヨーロッパアルプス・日本アルプスなどの山岳写真のほか内外の風景写真を掲載しています。


by chusan8611
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Chusanの写真ブロブ《感動発信!感動共有!》
NO30:日本のサクラ紀行特集

先週(2008-04-25付)、ブログ《信越路さくら2008》をお送りしましたが、その後、フィルムのデジタル・スキャン(フィルム作品のデジタル保存)作業をした際、何か所かで撮影したサクラ風景のフィルムを発見しました。早速にそれらをデジタル化して、《日本のサクラ紀行特集》として編集してみました。

《撮影場所一口メモ》

(1)北海道:美瑛・深山峠エゾ彼岸ザクラ(写真01~03)
2004年5月撮影:春の美瑛の丘を撮影した時に、深山峠のエゾ彼岸桜が満開で、小さなピンク色をした花が可憐であった。地元の人の話では、この花は「千島桜」の仲間だそうである。遠く十勝連峰が霞んで背景に入り、木々の向こうに長閑な美瑛の丘が続いていた。

(2)秋田:角館・枝垂れザクラ(写真04~06)
 2001年4月撮影:武家屋敷の黒板塀に映え、見事な景観を醸し出す枝垂れ桜である。角館佐竹家が京都三条家からもらい受けた3本の桜の苗を植え、長い年月をかけ受け継がれてきた桜とのことである。現在450本ほどある枝垂れ桜の中で、152本が国の天然記念物に指定されている。

(3)福島:三春・滝ザクラ(写真07~09)
 2004年4月撮影:あまりにも有名になり過ぎた「天下一の三春滝桜」である。樹齢1000年以上のベニシダレザクラ(紅枝垂れ桜)の古木で、単に《滝桜》とも呼ばれている。根尾谷の薄墨桜(岐阜県本巣市)、実相寺の神代桜(山梨県北斗市)と並ぶ「日本三大桜」と称されている。国の天然記念物に指定され、桜の名所ランキングでは常に一位の評価を得ている。開花中は観光客が殺到し観光客がどうしても画面に入ってしまう。作品にしようと思えば、撮影は光線状況も考慮して観光客がいない朝晩に限られよう。

(4)山梨:長坂・神田大糸ザクラ(写真10~12)
 1994年4月撮影:高遠のさくら撮影の帰途、立ち寄ってみた。この老木は神社への供米を産する神田の畔にご神木として植えられたもの。山梨県の天然記念物に指定され、樹形は幹から三つに分かれ、それぞれの枝が傘のように垂れ下がっている。南アルプス《甲斐駒ケ岳》をバックに入れての撮影が定番であるが、朝夕の空が焼けてくれれば申し分ない。

(5)山梨:身延山・久遠寺枝垂れザクラ(写真13~15)
 2004年3月撮影:身延山・久遠寺は日蓮宗の総本山で境内の「枝垂れ桜」は全国的に有名である。とくに本堂の横に咲く樹齢400年の枝垂れ桜(写真13)が特に有名である。境内の枝垂れ桜は、いずれも大・古木で見事な枝ぶりであるが、観光客の多さには驚かされる。

(6)神奈川:小田原長興山・招太寺枝垂れザクラ(写真16~18)
 2006年4月撮影:私の故郷の枝垂れ桜であるが、江戸時代の藩主、稲葉正則が植えたといわれ、樹齢330年、高さ13m、株元周囲5mほどの老木である。小田原市の天然記念物に指定されている。満開時は花が滝のように垂れ下がり、見事な姿を見せてくれる。周囲にはミカン畑もあり、これを入れながらの撮影も面白いが、撮影場所までは箱根登山鉄道で《入生田駅》から急坂を20分ほど歩かなければならないのが辛い。

(7)静岡:下田南伊豆・みなみ河津ザクラ(写真13~23)
 2004年4月撮影:河津桜といえば、文字通り伊豆急《河津駅》先の河津川沿いに咲くサクラが有名であるが、河津駅周辺のサクラは、まだ若木が多く、河津町・田中さん宅の元木(4/25投稿「信越路さくら紀行2008No03」を除けば撮影的にあまり見栄えがしない。ところが、南伊豆町の河津ザクラは青野川の土手沿いに植えられ、土手に咲く菜の花とのコントラストも面白く、道幅も広く、観光客も比較的少ないのが良い。開花期間中はバスの便もよく、河津桜の撮影ポイントとして推奨したい場所である。

              2008-04-29  加藤忠一

d0091834_9493911.jpg

01*エゾヒガン桜と美瑛の丘:北海道・美瑛深山峠にて*美瑛の丘・春シリーズの撮影で富良野へ移動するとき、深山峠の《エゾヒガンザクラ》が満開になっていた。美瑛の丘の彼方に十勝岳連峰が霞んで見えていた。

d0091834_9495226.jpg

02*春耕の丘とヒガンザクラ:北海道・美瑛深山峠にて*この時期は畑を耕すトラクターが忙しげに丘の畑を行き来している。桜の枝越しには農作業のトラクターが見え隠れしていた。

d0091834_9595817.jpg

03*春爛漫の峠にて:北海道・美瑛深山峠にて*エゾコヒガンザクラの花弁は多少小さめであるが、その色合いは濃いピンク色一色で実に写真映りがすばらしい。

d0091834_100981.jpg

04*黒塀と枝垂れ桜1:秋田・角館にて*撮影時の天候は曇りで、多少逆光気味のため、枝垂れ桜の色合いが白っぽく表現された。そのため一層黒塀とのコントラストを深め、角館らしい雰囲気を醸し出していた。

d0091834_1023754.jpg

05*黒塀と枝垂れ桜2:秋田・角館にて*晴れて順光線であれば、しなやかに伸びる枝に細く連なる白と淡紅色の小さな花びらが何重にも垂れ下がって見えるが、この日は生憎の曇り空で白色が強調されてしまった。

d0091834_1031023.jpg

06*黒塀と枝垂れ桜2:秋田・角館にて*この地では、京をしのぶ樹齢300年の枝垂れ桜が華麗なる姿を見せてくれ、訪れる人々の心を和ませてくれる。

d0091834_1032237.jpg

07*満開の滝桜全景:福島・三春町にて*天下一の滝桜を求めて、満開時にはこの木は埋め尽くされてしまう。何処からカメラをセットしても観光客が入ってしまう。比較的人が少ない角度を探して木の周りを一周してみる。この角度が正面の観光客も幾分かはカットされ、滝桜の全景が形よく入ってきた。

d0091834_1033275.jpg

08*正面からの滝桜:福島・三春町にて*やはり一番姿形がすばらしいのは、正面から見た滝桜である。何百年の風雪に耐え、今も見事に咲き誇る姿はこの角度かが一番とみた。望遠レンズを使って観光客をカットし、ボリュウム感を出すため横位置で撮ってみた。ただし、太陽が隠れ、花びらが白っぽく映ってしまった。

d0091834_104885.jpg

09*正面からの滝桜2:福島・三春町にて*太陽が一瞬でも顔を出すのを待ち、滝桜がピンク色になる瞬間を待つ。しばらくすると雲間が切れ、薄れ日が差し込んできた。その時にシャッターを切った一枚である。

d0091834_10515.jpg

10*昼間の大糸桜1*山梨:長坂・神田にて*実に堂々とした容姿である。黒々とした太い幹で立ち上がり、枝垂れた枝を周囲に従わせていた。

d0091834_1065310.jpg

11*枝垂れ枝に垣間見る甲斐駒ケ岳*山梨:長坂・神田にて*正面向かって左の枝垂れ枝の間から、南アルプス《甲斐駒ケ岳》を望見できた。駒ケ岳に形の良い雲でも懸かったり、夕焼け雲が赤く染まったりしたら・・・と思いを馳せながらシャターを切っていた。

d0091834_107960.jpg

12*昼間の大糸桜2*山梨:長坂・神田にて*神田に植えられた桜で周りは田圃と畑だけである。その老木も順光線になると薄ピンク色が映えるようになり、より一層華やかさ強調され出した。

d0091834_1072299.jpg

13*久遠寺本堂の枝垂れ桜:山梨・身延山久遠寺にて*久遠寺境内の枝垂れ桜はいずれの木も樹齢400年の老木で実に姿形が整って見事である。生憎の曇り空ながら精いっぱい四方に枝垂れさしていた。

d0091834_1073431.jpg

14*夕暮れ時の枝垂れ桜:山梨・身延山久遠寺にて*夕暮近く伽藍にも灯がともり始めた。薄暗くなる境内に枝垂れ桜が白っぽく浮かび上がってきた。

d0091834_1074728.jpg

15*靄やった境内の枝垂れ桜:山梨・身延山久遠寺にて*夕方近く小雨も降り始め境内が霞んできた。枝垂れる枝に水滴もつくようになり、しっとりとしたサクラ風情が見られるようになった。

d0091834_107594.jpg

16*招太寺の枝垂れ桜1:神奈川・入生田・長興山にて*故郷の名木で子供の頃から見慣れた桜であるが、ほとんどカメラには収めていなかった。畑の中に植えられた一本桜である。後方の小高い丘から俯瞰して撮るのも良いが、やはり正面から見る方がスケール感が出るようだ。

d0091834_1081143.jpg

17*招太寺の枝垂れ桜2:神奈川・入生田・長興山にて*樹齢400年の大木で四方に伸びた枝ぶりはボリュウム感があり見る者を圧倒する。

d0091834_1082320.jpg

18*招太寺の枝垂れ桜3:神奈川・入生田・長興山にて*雲が上空に顔を出し始め枝垂れ桜の頭半分を覆いだしたので、フィルター「ソフトン」をはめ込み、フアタジックな雰囲気を出してみた。この「ソフトン・フィルター」で撮影すると、ピントがはずれたように画面全体がぼやけて写り面白い。

d0091834_1083648.jpg

19*西伊豆町みなみの河津桜1:静岡・西伊豆町にて*ここ西伊豆町のみなみ河津桜は、本家の《河津桜》ほど有名ではないが、青野川沿いに植えられた河津桜は800本と数も多い。また、樹齢も20年と樹勢も整いスケール感もあり、土手の菜の花とのコントラストもすばらしい。

d0091834_1084724.jpg

20*憩いのひととき:静岡・西伊豆町にて*青野川沿いの土手には菜の花が咲き誇り、その土手にて中年のご夫婦であろうか、憩いのひとときを過ごしていた。

d0091834_1085925.jpg

21*西伊豆町みなみの河津桜2:静岡・西伊豆町にて*訪れた時はまだ7分咲きといったところで満開には間があったが、青野川畔にせり出した枝垂れ枝と菜の花が印象的であった。

d0091834_1091195.jpg

22*可憐な河津桜:静岡・西伊豆町にて*ピンク色の河津桜の花弁は実に可憐である。形の整った花びらを選んでその愛らしさを表現するため、マクロレンズにて接写してみた。

d0091834_1092372.jpg

23*可憐な河津桜:静岡・西伊豆町にて*花びらの可憐さを一層引き立たせるため、アウトフォーカス(背景をぼかして撮る)に、背面の菜の花がバックに来るようにセットし撮ってみた。《完》 
                                              
[PR]
by chusan8611 | 2008-04-29 10:52 | 日本の風景
Chusanの写真ブロブ《感動発信!感動共有!》
NO29:信越路さくら紀行2008

この2月に《河津サクラ》、3月に小田原の《真福寺の枝垂れサクラ》、4月に《高遠の小彼岸桜》、《松本城の枝垂れ桜》、《福井丸岡城址公園サクラ》、《信州上田城の夜サクラ》などをデジタルカメラ(ニコンD200・リコーGR/DIGITALⅡ)で撮影してきましたので、それらを纏めて投稿します。もっとも、さくら撮影は《名湯巡り》ツアーの片手間に撮ってきたもので、天候&光線や撮影時間制約で手持ち撮影となり、いずれも絵葉書写真になってしまいました。フイルム作品は整理次第お目にかけましょう。

≪撮影一口メモ≫

(1)伊豆:河津ザクラ(01~05) 伊豆の温暖な気候と早咲き種の特徴を生かし、毎年2月上旬から開花し、ピンク色は可憐で人気がある。このサクラは「カワズサクラ」と言われ、「オオシマザクラ」と「カンヒザクラ」の自然交配種と推定されている。河津川沿いに植えられているが、樹齢も若くあまり見栄えはしない。観光客の多さもあり、撮影時間は早朝か夕暮れ時に限られる。なお、河津さくらの元木(写真03)と水門のさくら(写真04)は、満開時には見事な撮影が期待できそうである。

(2)小田原・早川:真福寺枝垂れ桜(06~08) 私の実家(早川)に墓参りした時に撮影したもの。丁度満開で見事に枝垂れていた。樹齢100年の老木で上部の何本かは枯れてきている。小さい頃、このサクラに登り《かくれんぼ》した頃を思い出していた。

(3)信州:高遠城小彼岸ザクラ(09~12) 高遠の桜は「コヒガン桜」という品種で、「ソメイヨシノ」より少し小ぶりで赤みが強く、かわいい印象を受ける。古くから《天下第一の桜》と称されて全国的に有名で、《さくら名所100選》にも選ばれている。中央アルプスを背景に朝夕の斜光線がねらい目だが、昼間の観光客には圧倒される。

(4)信州:松本城の桜(13~20)天下の名城・松本城には城址公園全体にサクラが植えられ、晴れていれば北アルプス・常念岳をバックに撮影したい。北アルプスが望見できなければ、本丸御殿跡の枝垂れ桜が撮影ポイントかもしれない。

(5)福井:丸岡城のサクラ(21~24) この城は北陸では有名なさくらの名所で、柴田勝家の甥で養子の《柴田勝豊》が築城した平山城である。本丸は霞ヶ丘公園として整備され、約400本の桜が植えられ、《さくら名所100選》にも指定されている。

(6)信州:上田城の夜桜 真田一族の名城で城址公園にはたくさんの桜(ソメイヨシノ)が植えられている。とくに、この城の桜は夜桜が有名で、ライトアップされ、内堀に投影された夜桜は見事である。

 2008-4-25  加藤忠一記

d0091834_2052455.jpg

01*枝垂れる河津ザクラ:伊豆・河津町にて*河津川沿いにはたくさんの河津桜が植えられているが、樹齢も若く、観光客を避けての撮影は難しい。河津川沿いの土手に咲く菜の花を入れながら撮影するのも良い。

d0091834_205433.jpg

02*可憐な花びら*花びらのピンク色は実に見事で、マクロレンズ(60mm)を使って形の良い花びらを選んで撮ってみた。

d0091834_2055718.jpg

03*河津ザクラの元木:伊豆・河津町にて*河津桜の原木は河津町田中の飯田勝美氏(故人)が1955年の2月のある日に河津川沿いの冬枯れ雑草の中で芽吹いていたサクラの苗を見つけて、自宅の庭に植えたものだそうである。その後このサクラは増殖され伊豆地方一帯に植えられるようになった。

d0091834_20610100.jpg

04*水門の桜:伊豆・河津町にて*今回の撮影ではあまり期待したシーンがなく、駅前タクシーの運転手に「見事な河津桜」を聞いたところ、《水門の桜》が天下一だと教わり、早速に案内してもらった。たしかに樹勢は見事であるが、まだ5分咲きといったところで、背景もいまいちであった。

d0091834_2062336.jpg

05*メジロとの対面:伊豆・河津町にて*この時期の桜にはメジロの群れが飛来し、早速に望遠(200mm)に切り替えて何枚かシャッターを押してみた。河津のメジロは多少小ぶりであるが、枝ぶりの良い所に飛来するのを待ってシャターチャンスを逃さないように撮れば面白い。

d0091834_2063477.jpg

06*真福寺の枝垂れ桜:小田原・早川にて*私の故郷「早川」の枝垂れ桜である。3月中旬に墓参りした際撮影してみた。丁度満開であったが何本かの枝は枯れてきた。小さい頃この木に登って遊んだ頃を思い出しながらシャッターを切っていた。

d0091834_2064940.jpg

07*枝垂れるサクラ:小田原・早川にて*真福寺の東側にも何本かの枝垂れ桜が植えられ、形の良い枝を選んで撮ってみた。

d0091834_207245.jpg

08*逆光に広がる枝ぶり:小田原・早川にて*境内には何本かの枝垂れ桜が満開で、天空に向かって枝を広げている。太陽を幹に避け、形の良い枝ぶりの広がりを見つけて撮ってみた。

d0091834_2071751.jpg

09*高遠城南門にて:信州・高遠にて*この日の高遠の桜は満開であったが、平日にもかかわらず観光客でごったがえしていた。生憎の天候で中央アルプスも見えず、仕方なく《観光客》を脇役にして撮影をしてみた。

d0091834_2072936.jpg

10*さくらトンネルを行く観光客:信州・高遠にて*折りしも雨がぱらつき、観光客が色とりどりの傘を開きながら、「桜雲橋」を渡って行く。

d0091834_2132965.jpg

11*ささやかな花見の宴:信州・高遠にて*晴れ間が広がってくるとあちこちで弁当を広げる観光客の姿が見え始めた。

d0091834_208010.jpg

12*問屋門にて:信州・高遠にて*今年の桜は例年に比べ一週間ほど早く満開になったようで、高遠の小彼岸桜も、ほのかな甘い香りを漂わせながら咲き誇っていた。

d0091834_21572840.jpg

13*中央アルプスと子彼岸桜:信州・高遠にて*この写真は1997・4に撮影した写真であるが、晴れていれば、このようにバックに中央アルプスが望見できる。

d0091834_2081516.jpg

14*桜の樹間に松本城見ゆ:信州・松本城にて*大手門駐車場を出ると桜並木が広がり、樹間に松本城が望見できる。

d0091834_2083159.jpg

15*サクラと松本城:信州・松本城にて*城址公園にはたくさんのサクラが植えられ、本丸御殿跡には見事な枝垂れ桜が植えられている。晴れていれば北アルプスの常念岳と桜の組み合わせの写真も面白い。

d0091834_2084615.jpg

16*天守閣から望む《埋の橋》とサクラ並木:信州・松本城*天守閣から西方向を望むと内堀に朱塗りの《埋の橋》が架かり、さくら並木も望見出できる。生憎、霞んでいて北アルプス常念岳は見えなかった。

d0091834_20908.jpg

17*駒つなぎの枝垂れ桜1:信州・松本城にて*この枝垂れザクラは、《加藤清正公駒つなぎの桜》といわれ、加藤清正が松本城(当時の城主・石川数正)に立ち寄った際、馬を繋いだのがこの桜の木だと伝えられているという。

d0091834_2091695.jpg

18*駒つなぎの枝垂れ桜2:信州・松本城にて*この枝垂れ桜の見事さにほれ込み何枚もシャッターを切ってみたが、太陽が雲間にかくれ曇り空になるとピンク色の花が白っぽく映りだした。

d0091834_20930100.jpg

19*サクラと松本城天守閣:信州・松本城にて*本丸御殿跡にはいろんな木々が生い茂り、芽吹きのこの時期には、その色合いが見事である。天守閣の三階まで枝がかかる赤い木は《ハナの木(モクレン科)》だそうである(木の名前が分からず、後日、松本城管理事務所に問い合わせた)。

d0091834_2094675.jpg

20*駒つなぎの枝垂れ桜3:信州・松本城にて*駒つなぎの枝垂れ桜に天守閣をどのように入れるかいろんな角度から写してみたが、この角度がベストであった。

d0091834_2010345.jpg

21*丸岡城とサクラ:福井・丸岡城にて*私が訪れた4月中旬は満開を過ぎてしまったが、風が吹き出すと落花のシーンも見られ、古城の面影をみせてくれた。

d0091834_20102231.jpg

22*石垣とサクラ1:福井・丸岡城にて*この城は上層に望楼を形成し、二層三階建の特異な建築法を採用、屋根には笏谷石製の瓦をのせている。古城の石垣には葉桜になりかけた枝が架かっていた。

d0091834_20103780.jpg

23*丸岡城と城址公園サクラ:福井・丸岡城にて*城址公園には若木の枝垂れ桜が何本か植えられている。枝ぶりの良さそうな木を選んでバックに丸岡城を入れてみた。

d0091834_20105295.jpg

24*丸岡城と城址公園サクラ2:福井・丸岡城にて*新緑の時期で芽吹いた木々の葉とさくらの調和が面白く何枚かシャッターを押してみた。

d0091834_2011625.jpg

25*上田城の夜桜1:信州・上田城*真田幸村親子が徳川の大軍を二度まで破ったことで有名な《上田城》は現在もサクラの名所としてたくさんの観光客が押し寄せている。現在、およそ800本7種類の桜が公園内に植えられているという。上田城のサクラはライトアップされた夜桜が有名で、幻想的なシーンがあちこちで見ることができる(撮影は手持ち撮影のためISO1600にて撮影)。

d0091834_20112382.jpg

26*内堀に投影されたサクラ:信州・上田城*城内の内堀には見事なサクラがライトアップされ、白色のソメイヨシノとピンク色の枝垂れ桜が内堀の水面に映し出されていた。 以上
d0091834_19343081.jpg


27*古城の月と夜ざくら:信州・上田城*内堀に投影するさくらを撮影していると中天に懸かった月が目に入り、振り向くと、うまい具合にライトアップされた天守閣に月が昇っていた。真田一族の栄枯盛衰を見守ってきた月であろうか。手持ちデジカメ撮影のため絞り込めずピントがいまいちだが、今度は中盤フィルムカメラで撮ってみたい構図であった。 《完》
[PR]
by chusan8611 | 2008-04-25 15:52 | 日本の風景